• HOME
  • ブログ
  • sns , blog
  • 【アクセスが伸びない人必見】ブログタイトルにキーワードを入れよう!【簡単解説】

【アクセスが伸びない人必見】ブログタイトルにキーワードを入れよう!【簡単解説】

sns

ブログを始めて記事を書き始めたけど、全然アクセスが伸びないって、テンション下がりますよね。私も最初はそうでした。

ブログのアクセスの入り口は、ざっくり3パターンしかありません。

そのアクセスの入り口をちゃんと知っておくことで、自分の記事を必要な人に届けることができるようになります。

私も今は、たくさんの人に読んでもらって月5万PVになりました。(ドヤッ)

でもでも最初の頃は、キーワードすら知らなかったし、全然読まれていなかったので安心してください。

キーワードが分からない人でもわかるように、説明していきます。一緒にブログについて、理解していきましょう。

ブログへのアクセス方法は3つだけ

まずは、自分のブログへアクセスしてくれる人が、どうやって記事にたどり着くのかを考えてみましょう!

・検索してヒット
・SNSでシェア
・友人やファン

アクセスの入り口は、この3パターンしかありません。

その中でも、普通の人は友人やファン、SNSでのシェアも多くないので、検索流入を増やすのが1番です

私は、Instagramのフォロワーさんが1万人いるのですが、それでも検索流入が87%を占めています。なので、検索流入が本当に大事!!

でも、どうやってネット検索から、記事にたどり着いてもらえば良いの?

その答えが、キーワードなんです!

検索でヒットする為のキーワード選び

キーワードって何?

散々言ってるキーワードとは、ネットで検索する時のワードです。

「ブログ 始め方」「ハワイ かわいいカフェ」

とか、何か調べものをしている時に、ネットの検索窓に打ち込むワードのこと。

自分がネットで調べものをしている時は、知りたいことについてのキーワードを検索窓に入力したら、それに関連した記事が表示されて、記事を読んでいくよね。

なので、キーワードが本当に大事!!(2回目w)

読む人の立場になってキーワードを考えよう

じゃあ実際にどういうキーワードをつけてば良いの?ってお話し。

「自分が書いた記事を読むべき人は、どんなキーワードでネット検索するかな?」って考えてみます。

例えば、「自分が使っているニキビケアのスキンケア商品がとってもおすすめだ!」って内容の記事を書いた場合。

「私がおすすめのスキンケアはこれ」
「実際にニキビが治った!おすすめスキンケアは〇〇化粧水」

このタイトルどちらが良いかわかりますか?

もちろん後者です!前者も自分が使っていておすすめしたいスキンケアなのは、間違いないんだけど、このキーワードで検索する人がいないからです。(全然、読む人の気持ちに寄り添えていません)

では、この記事を読むべき人がどんなキーワードで検索するかな?って考えてみます。

私だったら、「ニキビ 〇〇化粧水」「ニキビ治る おすすめスキンケア」こんなキーワードで検索すると思ったので、このキーワードを含めたタイトルを考えました!

キーワード選びに迷ったら・・

読む人の気持ちになることがわかっても、キーワード選びに迷うことも。そんな時は、実際に気になるキーワードで色々検索してみると良いです

「ニキビ 化粧水」が気になる人がいた時に、それを検索してみると、関連キーワードが表示されるので、これ結構参考になります!

キーワードはタイトルと見出しに入れる

キーワード選びができたら、そのキーワードは必ずタイトルに入れてください。

これをしないと検索でヒットしません!

検索をした時に、表示されている記事をチェックして欲しいのですが、キーワードがちゃんとタイトルに含まれていますよね。

ちなみに一番上の記事が私のです。(ドヤッ)

グーグルやヤフーは、検索したキーワードに対して、関連しない記事をわざわざ表示させないですよね?なので、タイトルにキーワードを入れるのは基本です。

そして、文中の見出しにもキーワードを含めると、より関連性が高いを評価される傾向があります。

私は全ての見出しにキーワードを入れていないけど、できれば入れておくと良いです。

スポンサーリンク

キーワードの予備知識

ニッチなキーワードの方が読まれる

キーワードは、スモール、ミドル、ビッグキーワードと種類があります。

ビッグキーワードは、「ニキビ」とか、たくさんの人が検索するワード

でも、ビッグキーワードを入れても、もっと出来上がったブログが上位表示されてしまうので、初心者は狙わない方が良いです。

狙うべきなのは、スモールキーワードと言われているもので、ニッチなワードです。

例えば、「ハワイ レンタカー」というキーワードは、たくさんの人が検索するので、上位表示が難しくても、「ハワイ ジーブ レンタカー」であれば、ヒットさせることができます。

左が「ハワイ レンタカー」の検索結果ですが、公式WEBサイトが表示されいて個人ブログが勝てそうにありません。

でも右は、「ハワイ ジープ レンタカー」で検索した結果です。3番目に私の記事が表示されています。

ニッチなキーワードは、読む人が少ないから微妙・・・て思っていたのですが、ニッチなキーワードでもたくさん読まれます。私はほとんどスモールキーワードです。

地名・店名・商品名などを入れると、よりニッチワードになるのでおすすめ!

「バリ島のスミニャックエリアのおすすめカフェ5選」「表参道の〇〇カフェは、子連れランチにぴったり」「韓国の〇〇美容皮膚科で、ピコレーザーをしてきた話」など。

流行りや季節キーワードもある

コロナで自粛生活になり、「おうち時間」「家でできる」などが、記事を書いている今流行っているワードです。

こういったワードは流行りが終わるとアクセスが下がってしまうので、一時的にアクセスが欲しい人向けです。

また、季節に適したワードもあって、初日の出をみた記事を書いたのですが、年末になると必ずアクセスされますが、それ以外の季節はアクセスなし。

このように、その時々によってアクセスの増減があるキーワードもあります。

出来れば、このように左右されるワードを避けた方が、安定したアクセスに繋がります!

キーワードのボリュームをチェック

グーグルのキーワードプランナーに登録すれば、無料でキーワードのボリュームを知ることができます。

≫キーワードプランナー
(アカウント登録→ツールと設定→キーワードプランナー→新しいキーワードを見つける→ボリュームを知りたいキーワードを入力)

ちなみにボリュームとは、どのくらいの人がそのキーワードで検索しているかってこと。

ボリュームが大きいほど、需要のあるキーワードだけど、初心者はニッチな方が良いので、ボリューム1万くらいで上位表示される記事をたくさん作るのが狙い目です。

と言いつつ、私はキーワードプランナーをほぼ使っていません。あまり分析をしすぎても、本来のブログを書くことから遠ざかってしまうので、参考程度に知っておけば大丈夫。

スポンサーリンク

さいごに。

今回は、キーワードについてのお話しでした。少し理解できましたかね?

ブログを読む人に届けるには、その導線をちゃんと考える必要があります。

その導線の1つがネット検索。なので、検索でちゃんとヒットするように、読む人が調べそうなキーワードをちゃんとタイトルに入れましょう!

という、単純なことです。ブログ始めたてや伸びない人は、キーワードが入っていなかったり、ビッグキーワードだったりします。

今一度、タイトルのキーワード選びを見直して、必要な人に記事を読んでもらいましょう。

【Blog関連記事】

≫【事実】ブログが続かない6つの理由【続くだけですごい】
≫【ブログアフィリエイト!】セルフバックで自分もお得にお買い物しよう!

関連記事一覧