【Instagram!】フォトジェニックな写真の撮り方をマスターしよう!【誰でもできる】

instagram

中々おしゃれな写真が撮れない、どうしていいか分からないという人に、すぐ真似できる、おしゃれな写真の撮り方を解説します。

私もインスタを始めた頃の写真は、すごくダサくて今は見れません。(黒歴史)でも少しずつ成長して、おしゃれな写真が撮れるようになりました。

これが私のインスタです。最近の写真はかわいいけど、2年前くらいの写真はダサい。見たい人は、ぜひスクロールを・・・。w

そんな私が実際に実践している方法です。誰にでもできるのでやってみてね。

事前の準備が大事

好きな写真をテーマごとに保存

フォトジェニックな写真を撮るのには、事前準備がすごく大事!

まずは、インスタで自分が好きな写真をたくさん保存します。保存する時に、ロケーションごとなどにフォルダを分けておいてください。

日々、自分がおしゃれだなーと思う写真をストックして、ひまな時に眺めます。

こうやって保存してたくさん見ることで、自分が好きな構図などがわかります。まずは、たくさんインプットすることが大事。

インプットがないと、アウトプットできないんです!

ロケ地の下調べ

実際にお出かけする予定があって、写真を撮る予定であれば、その場所について調べます。

その場所がどういう雰囲気の場所なのか、どんな風な写真を撮っている人がいるかなど、チェックして、自分が撮りたい写真をイメージしておきます。

その場に行って、適当に撮ろうとすると、焦って上手に撮れなくなってしまったりするので、ここでこういう風なのを撮りたい!ってイメージを持つのが大事です。

この写真のカフェであれば、プールに入ってフローティングブレックファーストを食べてるのを上から撮って欲しい、ピンクのソファでも寝っ転がって撮りたいとか。

お出かけのフォトじゃなくて、おうちでのテーブルフォトでも、どんなイメージにするか考えておきましょう。

アイテムや洋服を用意

次は、そのイメージに合うアイテムや洋服を用意します。

自分が写る場合は、その場所の雰囲気に合ったお洋服を選ぶのも大事なこと。帽子や洋書などアイテムもあれば、さらにおしゃれになります!

ちなみに私は白やベージュの服をたくさん持っているのですが、写真に写るときに邪魔にならない色で使いやすいので、おすすめです。

どんなアイテムがあったら良いか迷う人は、保存したお気に入りの写真をチェックしてみたり、この記事【インスタ】写真がおしゃれになるアイテム10選!【かわいいは正義】も参考にしてみてね。

スポンサーリンク

撮影をするときのポイント

撮る前に構図を確認

実際に写真を撮る場所についたら、どこで撮りたいか、カメラ越しにチェックします。スマホの画面でも良いので、試しに撮ってどの場所がしっくりくるか確認。

イメージしていたものになる場所や構図を探します。保存しておいたお気に入りの写真を、見返してみても良いです。

この時に、なるべく不要なものや人が写らない構図がおすすめ

バリのフルーツ屋さんで撮った時の実際の写真。どの構図にしようか、スマホで色々TESTしたのです。結局左下のアングルが気に入ったので、そのアングルに自分が入って撮りました。

アングルは真っ直ぐ

写真を撮る時は、地面に対して平行に撮るときれいに撮れます。

スマホや一眼などどのカメラでも“グリッド線”を表示させる設定があるので、その設定をしておくと、平行に撮りやすくなりますよ。

ちなみに、保存したお気に入りの写真たちを見返してみて欲しいのですが、地面に平行な写真が多いと思いはず。

その方が、違和感なく見ることができるのと、インスタに写真が並んだ時にもきれいに見えるコツなんです。

それでも少し曲がってしまった写真は加工でカバーできるので、大丈夫。【Lightroomでインスタ加工!】傾き修正で、統一感UP!この記事を参考に、加工してみてね。

連写モードを使う

シャッターは、連写モードにして、10秒くらい撮り続けます。その間被写体には、自然に動いてもらいましょう。

たった1枚で思い通りの写真を撮るのはプロでも難しいです。素人なら尚更。

構図がイメージ通りであれば、カメラのアングルは固定したまま、連写で撮ってみましょう。

私もいつも連写でたくさん撮ります。その中の奇跡の1枚をインスタへUP!これは韓国でチョゴリを着たときの写真。加工された1枚がお気に入りのやつ。

自分が写るとき

ポーズを確認

保存したお気に入りの写真をみて、やりたいポーズなどがあれば、それを真似してみるのもあり。ちょっとした事だけど、ポーズで写真の雰囲気も変わるんです。

自分の好きなイメージのポーズを確認しておきましょう。

自然に動く

被写体になる時は、自然に動きながら撮ってもらうと良い写真が撮れます。少し歩いたり、髪をかきあげたり、飲み物を飲んでみたり。自然に。

1枚だけキメて撮ろうとすると、顔が緊張してしまったり、ポーズに力が入って不自然になります。

この写真もゆっくりと歩いてるところを撮りました。ただ立ってる写真だと、記念写真みたいになっちゃうので、自然な体の動きが写真にも出てて良い!

カメラマンに話しかけてもらう

それでもぎこちなくなってしまう人は、カメラマンをしてくれてる友人なりに、話しかけてもらうと良いです。私もよくやります!(実はカメラ向けられるの苦手)

笑っちゃうようなことを言ってもらって、笑顔の写真を撮ったり、「この後何食べよっか?」と普通の会話をしながら、シャッター切ってもらったり。

そうすると、カメラに向かってナチュラルな表情ができるので、やってみてね。

スポンサーリンク

さいごに。

フォトジェニックな、写真の撮り方はどうだったかな?

プロのフォトグラファーじゃなくても、雰囲気でおしゃれな写真は撮れます!

そのために、事前準備やイメージ作りがとても大事。日々、自分の好きな写真をインプットするところから、はじめてみてね。

撮った写真をおしゃれに加工する方法は、【保存版!】おしゃれなインスタにする為の加工手順を教えます。【インスタ加工MAP】この記事を参考にしてね。

関連記事一覧