【行列注意!】ランプヤン寺院でフォトジェニックな写真を撮ってきた【バリ旅行】

travel

ランプヤン寺院の写真をインスタで見て、絶対行きたい!って思ったので、実際にいってきたよ。

ランプヤン寺院がどんなところなのか、どうやって行くのか、写真に撮り方についてまとめました。これから行く人は、ぜひ参考にしてね。

ランプヤン寺院はこんなところ

ランプヤン寺院は、バリ島の東側にある観光客に人気のお寺。

バリの寺院の入り口には必ず、割れ門というかっこいい門があるの。その割れ門の間に“アグン山”というバリ島で一番大きくて神聖な火山がちょうど見える、すごく素敵な場所。

インスタの投稿を見てもらえば、わかると思う。良い感じよね。

この寺院はバリの東側にあって、クタからは3時間くらいかかる、とても田舎な場所にあるよ。なので、行く時は車をチャーターして行くのがおすすめ。

私の仲良しさんなガイドさんがやってるカーチャーターは、日本語しゃべれるし、安いのでおすすめ。気になる人は、【BALITABI】バリ観光はカーチャーターが便利で安心!【1台4,000円から】この記事を参考に予約してみてね。

ランプヤン寺院へ

朝、4時すぎにクタのホテルを出て、朝7時半にランプヤン寺院に到着。車内では、ずっと爆睡でした。

そしてこんな早い時間なのに、すでに観光客で溢れかえってるのに驚き。

入場料は1人160円。お金を払うと、腰に布を巻いてくれるの。これは男女問わず、お寺に入る時はみんな巻かなきゃいけないやつ。

上の露出も多いと、スカーフを羽織ることになるので、できれば袖つきの服がおすすめ。

お寺の中に入ると行列が!あの例の割れ門で写真を撮るのに、なんと1時間半待ち。ディズニーランドかと思った。

せっかく遥々車できたから、並ぼう!ってことで、1時間半がんばった〜!!!

ランプヤン寺院で写真タイム

これも驚いたんだけど、写真はスタッフがいて、カメラを渡すと撮ってくれるシステム。毎日ずっと撮り続けてるから、撮り慣れてる感すごい。

何ポーズも撮ってくれるけど、あの行列を見るとあまり長くも撮っていられないので、どんなポーズで撮るか考えておくと良いかも。

そしてね、インスタで見てた足元の水面が反射してる写真があったんだけど、その裏側がわかったの!

これはね、スマホのレンズのところに反射板を置いて撮影してるの!私は撮られるまで気づかなくて、今日は雨降ってないから反射はしないなーと思ってたから、写真見てびっくりしちゃった。

1人ずつ撮影したあとに、全員で撮影もしたよ。並んでるので、スムーズに撮影しなきゃいけないけど、それなりに撮る時間くれるから安心してね。

スポンサーリンク

さいごに。

カーチャーターをしてたので、帰りにランチをしたり、観光スポットに寄ってもらって、ホテルに戻ったよ。

本当は、晴れて割れ門のあいだから、アグン山の絶景を見たかったんだけど、この辺は曇りが多くて中々見れないみたい。残念。

それでも割れ門や寺院も素敵で、とても良かったよ。ホテルの多い町からは少し遠いいけど、自然いっぱいで伝統のバリを感じたい人におすすめのスポットです。

他にもバリの伝統や自然を感じる観光スポットをまとめてあるので、【バリで実際に行ってきた!】自然いっぱいのフォトジェニックスポット、おすすめ8選!こっちの記事も参考にしてみてね。

関連記事一覧